ナチュラルなヌメ革を使ったペットとヒトの為のレザークラフトショップ。

スタッフ紹介

stuff2

PUCCI

2007年9月8日神奈川県にて4兄妹中一番小さな子に生まれました。

5歳の今でも5キロしかなくウエスティとしてはかなりのミニサイズです。
性格は太陽のように明るく人が大好きで、お散歩中はイヌに出会っても飼い主さんのほうへご挨拶に行きます。特にかわいいね!と言ってくれる人が大好きです。
でも反面臆病者の怖がり屋で、家の中では常に番犬としてパトロールばかりしていて、訪問される方々を脅かして飛びつかんばかりに吠えまくるので困っています。
またといつも私のそばにくっついて来るのにいざ『おいで』と言うと、急に伸びをしたり後ずさりしたりして素直にすぐに来ません。かなりの天邪鬼な性格です。

お散歩は朝晩欠かさず行き、広いところへ行くと嬉しそうに走り回る活発な子ですが、水だけは駄目です。濡れる事が大嫌いで、雨もシャワーも海もとにかく身震いする程大嫌いなのでシャンプーには毎回手こずっています。

そんなプッチですが、最近はモデルとして大活躍してくれています。カメラを向けるとすぐにモデルモードになり、ポーズをとってカメラ目線になります。

好物はさつまいも、カボチャ、ささみです

MASAKO

東京生まれ。ファッション雑貨が好きでシューズデザイナーを3年経験したのち、ライフスタイルカンパニーのバッグ部門にて革物のファションバッグのデザイナーとして20年勤務する。
そのうち7年間はフランスのファッションブランドのバッグ部門をプロデューサーとして立ち上げから携わる。
その後フリーデザイナーになりバッグブランド数社と契約。2008年より拠点を兵庫県の『カバンのまち』豊岡市へ移し,2010年より首輪作りを始める。2011年ネットショップオープン。2012年6月実店舗を豊岡市京町にオープン。

バッグデザイナー時代から沢山の革に触れ、革の魅力に取り付かれてきました。イタリアのリネアペッレ(革の見本市)にも度々訪問し、革自体の開発にも携わってきた為に自分なりのこだわりがあります。首輪を作ろうと思ったとき、必然的にベジタブルタンニン鞣しの革を選びました。

首輪作りを始めたきっかけは、自分の愛犬に買ってあげたいと思える質の良いおしゃれな首輪が少なかったので、それからすぐに作り始めました。

首輪とリードをデザインし材料を集めて自分で作るという、デザイナー兼職人という仕事は究極のやりたかった仕事のスタイルでもあります。ペットにもオーナーにも心地よくて愛着の湧くおしゃれな首輪とリードを心を込めて作っています。