ナチュラルなヌメ革を使ったペットとヒトの為のレザークラフトショップ。

祝!!雑誌掲載第1号 “Sweet Paul Magazine”Wedding annualにParty Crownが掲載されました。

ニューヨークのライフスタイルマガジン“Sweet Paul Magazine” Wedding annualのDoggy Wedding FashionページにSUN GODDESSのクラウンが掲載されました‼︎ SPMweddingannualSquare

その記事についてEtsy blogで紹介されています。
アメリカでは今や結婚式に家族の一員である犬や猫も出席するのが当たり前になって来ているらしくその際のファッションについての特集ページです。

このオファーはちょうど一年前のEtsy出店を始めて4ヶ月目の8月に頂きました。まだEtsy自体にも慣れていなくて何をするにもたどたどしい頃、この雑誌の名前も聞いた事も無かったしアメリカの友人も知らないと言うし、こんな話を受けていいものやら迷いました。この時相手方も時間が無くて4日後には発送しないと掲載に間に合わないけどやってくれるか?といういきなりの無茶なお願いでした。
夜中のメールでPaulの愛犬のフレンチブルのサイズが欲しいと頼まれ、どれくらいなのCrown039サイズなのかで悩みながら一か八かで作り始めました。悩んだ末これともう一回り大きいものと2個作り貸し出すつもりで準備していたら、どちも買い取ってくれる事に。。。。

まさか掲載第一号が海外の雑誌とは夢にも思っていなかったのですが、何にせよ記念すべき嬉しい出来事です。雑誌もそろそろ手元に届くはず。届いたらまたお見せします。。。
スウィートポールについて:

“完璧は退屈だ “fullkommenhet小胞体のkjedelig”:ポール “スウィートポール”ロウは彼の祖母、Mormorの、モットーによって導かれる。オスロで生まれ、彼のMormorとグレート婆​​Gunnvorは彼に食べ物や小道具スタイリストとしてニューヨークで彼のキャリアに持ち越さ料理やクラフトへの愛、および四半期スウィートポールマガジンの後ろに、最終的には創造的な教祖を植え付け。彼の名を冠した雑誌のページをめくるには、謙虚でアクセス可能なまま、美しい料理とクラフトのアイデアによってリベットことでしょう – しかし、退屈なことはありません

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。